立ち向かえ。 奪還の刃。 突撃速報!!
0-4.jpg
【アルスラーン戦記】 に関する情報
アニメ ネタバレ内容個人的な感想考察などを書いていきます。

2015年06月21日

アルスラーン戦記 アニメ 第12章 <騎士の忠義> 最新ネタバレ 考察

【アルスラーン戦記】
漫画:荒川弘 原作:田中芳樹
第12章「騎士の忠義」
参照URL
・アルスラーン戦記公式サイト
http://www.arslan.jp/
・あにこ便
http://anicobin.ldblog.jp/archives/44137418.html


12-8.jpg


混戦の中、アルスラーンたちと分断されてしまったナルサスは、ペシャワールへの最短の道を通るため、勇猛さで知られるゾット族の縄張りに足を踏み入れていた。
そこでアルスラーンを追って来たヒルメスの部隊とゾット族とのいさかいの場面を目撃した彼は、
途中で戦いに割り込み、窮地に陥ったゾット族族長の娘・アルフリードを助けるのだった。



<個人的感想+ネタバレ補足>
 
 
 
カシャーン城塞を出たアルスラーン達。

しかし、
度重なるルシタニアの猛攻で、一行は分断されることになる。

・アルスラーン エラム ギーヴ
・ダリューン ファランギース
・単独となったナルサス。


それぞれが、ペシャワールを目指す!




仲間達とはぐれてしまい単独のナルサス。。
合流するために、ペシャワールを目指す!

その道中で、
銀仮面卿(ルシタニア兵)を狙うゾット族を見つける。

12-6.jpg
12-7.jpg



ゾット族の族長 ヘイルターシュ
12-2.jpg
12-4.jpg

ゾッド族の縄張りに足を踏み入れた、銀仮面卿に率いるルシタニア兵。
金目のの物を狙い、銀仮面卿を脅す族長!!



だが・・・
12-5.jpg

返り討ちに合い、命を落とす。



その惨劇を目の当たりにした族長の娘と、ゾッド族の仲間達。
12-8.jpg


族長の仇を取るため、銀仮面卿に刃を向ける。

しかし、全く歯が立たない!!

12-9.jpg


族長の娘・アルフリード
12-10.jpg



アルフリード以外は、ルシタニア兵に全滅される。。

そして・・・

アルフリードも命の危機に陥る!!

12-11.jpg
12-12.jpg


そのピンチを助けたのはナルサスだった。
12-13.jpg




ナルサスに助けられたアルフリードだったが、
12-14.jpg


アルフリード:『手を出すな! こいつは親父と仲間のカタキだ! 私が倒す!』


剣を飛ばされたアルフリードは、ナルサスに剣を借りようとするが・・・
ナルサスは、力量を把握したうえで、アルフリードに剣は貸さなかった。



ナルサス VS.銀仮面卿。
12-15.jpg
12-16.jpg


剣を交える2人。

ナルサス:『やはり強い・・・』

銀仮面卿:『ヘボ画家!  ・・・いや ナルサス。 お前の知略は知っている。 俺につかえろ!』


ナルサスのことを知っていた銀仮面卿(ヒルメス)は、ナルサスを自分の部下にしようと誘う!!


崖上の岩石をみるナルサス!
ナルサス:(そろそろか…。)


銀仮面卿からの誘い・・・。
しかし、それを挑発するかのように断るナルサス!!!

ナルサス:『アルスラーン殿下は私に、仕えろなどと命令はなさらなかった』

挑発されて、怒る銀仮面卿がナルサスに斬りかかろうとする!!!

だが、その時!!!

ナルサスが見ていた岩が、落石してきてその場が混乱状態になる!!!
(ナルサスがあらかじめ仕掛けていた!!)


それに乗じて、アルフリードを連れてその場を逃げるナルサス!



ナルサスに命を救われたアルフリード!
アルフリードはナルサスに感謝して、お互い自己紹介する。
12-17.jpg
12-18.jpg


ナルサスの剣技、知略に感心したアルフリードは、ナルサスについていくことを決心する。
12-19.jpg






【王都陥落よりひと月】
ルシタニアの勢力は3つに別れていた。



・国王イノケンティウス⇒ 現在はタハミーネの虜となっている。

・大司祭ボダン⇒ 聖騎士団を率いている。

・王弟ギスカール⇒ ルシタニア軍兵やその幹部たち、大臣から支持されている。


12-20.jpg
12-21.jpg
12-22.jpg



ボダン率いる聖騎士団の、
騎士団長が暗殺される事件が起きていた。

国王が異教徒であるタハミーネと結婚することに、反論する聖騎士団長だったため、国王による暗殺を疑うボダン!

しかし、国王には覚えがない・・・。
王弟であるギスカールが、関わっていたようだ!!
ギスカールは、不祥事を起こした騎士団長を罰したのだ。


そのような騎士団に信用が集まるだろうか?
今後は、ボダンの声も信用されにくくなるだろう。


ギスカールが、ボダンに警告まがいの言葉を口にする。


ついに・・・
聖騎士団を連れて、
エクバターナを離れマルヤムへと向かうボダン!!!






ペシャワールを目指すアルスラーン達。

会話するアルスラーンとエラム。
歴史や、伝説を探求することが夢だと言うエラム。
いつかアルスラーンは、その書物を読むのが楽しみだと言う。

ぺシャワールが見えてきたことを伝えるギーヴ。




そして・・・

12-23.jpg

ダリューン ファランギースは、
追ってに追われながらもペシャワールへと進んでいた!


またしても追いかけてくる、
カーラーンの息子・ザンデ!!
12-24.jpg


魔道の術を使う者
12-25.jpg




魔道の者とザンデは、同じ主君(銀仮面卿)の命で、ダリューンの命を狙う!!!




激しい攻防に、
苦戦するダリューン。
12-26.jpg





そのピンチを救ったのは合流したアルスラーンだった!!
12-27.jpg


だか、アルスラーンは魔道の者の攻撃で吹き飛ばされる。。

機敏な動きをするエラムに救われたが、
アルスラーンは、魔道の者に捕まってしまう。



それを見たダリューン!!

アルスラーンを助けるため、次々とルシタニア兵を蹴散らしていく!!

12-34.jpg


無双の強さを発揮したダリューン!!

そして、魔道の者を倒す!!
12-28.jpg
12-29.jpg



さらに、ザンデをも一蹴したダリューン!!


逃げようとするザンデを、ファランギースが弓で射る!
ザンデは、ふらついた足取りで、崖から転落する。。




アルスラーンの無事を確認し、
助けてもらったことを感謝し謝罪するダリューン!!

12-31.jpg

アルスラーン:『いつもダリューンに助けられているのだ。 たまには私がダリューンを助けてもいいではないか』

『合流できて良かった。やはり私の側には、お主がいなくてはな』


12-32.jpg

ダリューン:(王位など関係ない。 俺はこの方自身のために 剣を振るい続けるのだ!)




【エンドカード】
12-33.jpg




次回 第12章『王子二人へ』続く。


posted by Kendama at 22:56 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。